コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネッティング(Netting)

1件 の用語解説(ネッティング(Netting)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

ネッティング(Netting)

債権から債務を差し引いた差額を決済すること。外国為替取引で債権債務の残高を差し引き、最終的にその正味を決済し、全体の決済額を減らす方法。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネッティング(Netting)の関連キーワード粗利実勢預金粗利(荒利)差額税引き転付フォレックス(Forex)為替(Exchange)オーダー・マージン債務控除

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone