コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネット選挙の解禁

1件 の用語解説(ネット選挙の解禁の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ネット選挙の解禁

公選法を改正して、現在は禁じられているホームページ(HP)やブログツイッター、フェイスブックなどのウェブサイト電子メールなどを使った選挙運動を可能にする。選挙期間中に候補者はHPを更新したり、メールで投票を呼びかけたりできるようになる。HPなどウェブサイトは全面的に解禁されるが、メールを利用できるのは政党と候補者に限定し、一般の有権者には認めない。7月の参院選から解禁され、それ以降は地方選挙にも適用される。

(2013-04-12 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネット選挙の解禁の関連キーワード肉食妻帯開かずの間禁断の木の実公選法禁じられた過去禁じられたソナタヒゲクジラ選挙期間中のHPネットと公職選挙法ガンケース

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネット選挙の解禁の関連情報