コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネハーバンド ネハーバンド Nehāvand

2件 の用語解説(ネハーバンドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネハーバンド
ネハーバンド
Nehāvand

イラン西部のザグロス山中,ハマダーンの南約 60kmにある都市。 641年,この付近でアラブイスラム軍ササン朝軍に決定的敗北を与えたことで知られる。ササン朝期にはすでに重要な都市であり,イスラム期以降,特にサフランの集散地として知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネハーバンド
ねはーばんど
Nahvand

イラン中西部のハマダン南方60キロメートルに位置する町。イラン高原イラク北部を結ぶ交通の要所で、古来から戦場となった。とくに有名なのはアラブとササン朝との戦いである。ササン朝ペルシア軍はカーディシーアの戦い(636)でアラブ軍に敗れ、首都クテシフォンが陥落した(637)。ササン朝最後の皇帝ヤズドガルド3世(在位632~651)は、イラン全土から15万人の兵士を集めてネハーバンドに集結した。アラブ軍は3万の少数であったが、ペルシア軍をおびき寄せ、10万人を殲滅(せんめつ)したといわれる(642)。ヤズドガルド3世はアラブ軍に追われてメルブ(現在のトルクメニスタンのマリー)で暗殺され(651)、ここにササン朝は名実ともに滅んだ。この町の南東にフランスのコントノーとギルシュマンによって発掘された(1931~1932)先史時代の遺跡テペ・ギヤンがある。[井本英一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネハーバンドの関連キーワードザグロス山脈ハマダーンホッラマーバードロレスターンベヒスタンルリスタンイスファハーンサンゲシールデズフルハママートマイン

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone