ネバリモ

海藻海草標本図鑑の解説

ネバリモ

体は球状あるいは個体同士が集まり不規則な団塊となる。はじめは中実だが成長したものでは中空となり表面に凹凸がみられるようになる。体は柔らかくぬるぬ るし,つぶして内部をさわると粘りけが感じられるのが特徴的である。早春〜夏にかけて多くみることができ,色は茶褐色である。フクロノリに似るが,フクロノリの内部はネバネバしておらず,薄い膜質の袋状である。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

関連語をあわせて調べる