ネパールの貧困

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ネパールの貧困

1人当たり国内総生産が約470ドル(約4万2千円)。就労人口の約65%が農業に従事し、発展途上国の中でも貧しい後発開発途上国に位置づけられる。各国政府や国際機関から多額の援助を受けていて、日本は主要援助国のひとつ。5年間の初等教育無償だが、識字率は男性が約70%、女性が約44%(2007年)にとどまる。

(2010-03-13 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネパールの貧困の関連情報