コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネパールの貧困

1件 の用語解説(ネパールの貧困の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ネパールの貧困

1人当たり国内総生産が約470ドル(約4万2千円)。就労人口の約65%が農業に従事し、発展途上国の中でも貧しい後発開発途上国に位置づけられる。各国政府や国際機関から多額の援助を受けていて、日本は主要援助国のひとつ。5年間の初等教育は無償だが、識字率は男性が約70%、女性が約44%(2007年)にとどまる。

(2010-03-13 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネパールの貧困の関連キーワード実体経済国内純生産人当り実質国内総生産(GDP)GDP(Gross Domestic Product)経済成長率(Economic Growth Rate)国内総生産(GDP:Gross Domestic Product)国内総生産(GDP)義烏県内総生産

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone