コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネパール制憲議会

1件 の用語解説(ネパール制憲議会の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ネパール制憲議会

新しい憲法を起草、制定する議会で定数は601。240人を小選挙区、335人を比例区から選び、別に26人の内閣指名枠がある。任期は2年。07年1月に上下院が解散し、共産党毛沢東主義派も加わった暫定議会が最高立法機関として機能してきた。選挙後は制憲議会が暫定議会にとって代わる。

(2008-04-10 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネパール制憲議会の関連キーワード市議会私擬憲法民定憲法立法制憲村議会町議会都道府県議会議員立憲ERA

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネパール制憲議会の関連情報