コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネブラスカ[州] ネブラスカ

2件 の用語解説(ネブラスカ[州]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ネブラスカ[州]【ネブラスカ】

米国中部,プレーリーに位置する州。略称Neb.,NE。州東境をミズーリ川が南流し,地勢は西部のロッキー山麓から東部へゆるやかに傾斜する。典型的な農業州で,東部はトウモロコシ地帯コーン・ベルト),南西部は小麦地帯,北西部は牛,羊などの放牧地帯。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネブラスカ[州]【Nebraska】

アメリカ合衆国中西部の州。略称Neb.。連邦加入1867年,37番目。面積20万0017km2,人口165万(1996)。州都リンカン,最大都市オマハ。1803年のルイジアナ購入によって合衆国領となった。州名は中央部を東西に流れるプラット川を指すインディアンの言葉に由来し,〈平らな水〉を意味する。地形も平たんで,山らしい山はない。気候的には西側のステップ気候から東側の湿潤温暖気候への漸移地帯で,西部は放牧,東部はトウモロコシ(全米4位,1980)などの農業が盛んである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone