コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネブリウム Nebulium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネブリウム
Nebulium

発光星雲のスペクトル中にある波長 3726Å,3729Å,4959Å,および 5007Åの輝線に対する一つの解釈として,イギリスの天文学者ウィリアム・ハギンズが 1868年にその存在を示唆した仮想的な元素。今日では,これらの線は地上では得られない非常に希薄な気体中の高度に電離した酸素や窒素による禁制線であることがわかっており,この仮想元素の存在は否定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ネブリウムの関連キーワード発光星雲

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android