コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネルワ Marcus Cocceius Nerva

大辞林 第三版の解説

ネルワ【Marcus Cocceius Nerva】

30~98) ローマ皇帝(在位96~98)。元老院との協調のもとに濫費の節約・救貧制度の確立など一連の善政を敷き、五賢帝の一人に数えられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ネルワの関連キーワードZigeunerweisenインテルプレタチオ・ロマーナ山梨県甲州市勝沼町深沢チゴイネルワイゼンコンセンテス・デイアーロン ロザンドパブロ サラサーテユウェンタスカベイロイ藤田 敏八サラサーテ小野崎 充原田芳雄救貧制度田中陽造木村威夫アッシジボルコフ日本映画ユピテル

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android