ネンチヤン(嫩江)県(読み)ネンチヤン(英語表記)Nenjiang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネンチヤン(嫩江)〔県〕
ネンチヤン
Nenjiang

中国東北地方,ヘイロンチヤン (黒竜江) 省西部,ヘイホー (黒河) 地区西端の県。ソンネン (松嫩) 平原の北部,ソンホワ (松花) 江の上流ネン (嫩) 江の中流域にある。コムギ,雑穀,ダイズ,テンサイの栽培が盛んで,水稲も導入されている。行政中心地のネンチヤン鎮はネン江とカン (甘) 河の合流点左岸にあり,東方のシヤオシンアンリン (小興安嶺) 山脈を越えてヘイロン (黒竜) 江 (アムール川) 流域に出る交通の要衝。メルゲン (墨爾根) とも呼ばれた。清代にロシアに対する軍事の要衝として重視され,康煕年間には一時黒竜江将軍が駐在した。西方のターシンアンリン (大興安嶺) 山脈への交通の要衝でもあり,ネンシー (嫩西) ,イーネン (伊嫩) の2本の森林鉄道の起点となっている。人口 44万 4981 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android