コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネーミングライツ(命名権)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ネーミングライツ(命名権)

施設などにスポンサー企業の企業名や製品名などのブランド名を付けることのできる権利を指す。70年代ごろにアメリカで生まれ、00年代になって公共施設を中心に国内でも広まった。味の素スタジアム(東京スタジアム)や日産スタジアム(横浜国際総合競技場)などが有名。横浜市は三ツ沢公園球技場を来春から「ニッパツ三ツ沢球技場」にするほか、磯子区の「横浜こども科学館」についても命名権の売却先を募集している。

(2007-11-10 朝日新聞 朝刊 横浜 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ネーミングライツ(命名権)の関連キーワード神奈川工科大学厚木市子ども科学館ネーミングライツ冠スポンサー県民ホール髪毛黒生駅競技場ライツ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネーミングライツ(命名権)の関連情報