コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノイマン・モデル von Neumann Model

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノイマン・モデル
von Neumann Model

J.フォン・ノイマンが創始した経済成長モデルの一種。生産技術として,各財の生産に代替可能な多数の固定係数生産技術を想定し,結合生産を認め,資本財などの生産要素をモデル内で再生産する形で扱っている。この結果,純投資=生産能力の増加という関係を明示的に扱い,期間分析の手法で動学的な経済分析を行なえるようになった。ノイマン・モデルの発展型には,産業連関表を活用したターンパイク・モデルがあり,この最大均衡成長経路を「ノイマン経路」と呼ぶところにも貢献の大きさがうかがえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android