コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノイン・ウラ Noin Ula

世界大百科事典 第2版の解説

ノイン・ウラ【Noin Ula】

モンゴル,ウランバートル北方約100kmのノイン・ウラ山中にある匈奴墓。1924,25年にソ連のコズロフ探検隊が調査し,その後モンゴルの学者による調査も行われている。低い墳丘をもつ墓が200基余り知られており,内部は木槨室と木棺からなる。副葬品には,土器,木器漆器,銅容器,玉器細金細工,鏡のほか,衣類(冠帽,上衣,下衣),絹製品(錦,綾,羅,刺繡),馬具,車馬具などがある。このうち,北方式青銅容器や動物闘争文のある毛織物などは匈奴本来のものであり,絹織物や車馬具は中国から贈られたものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ノイン・ウラの関連キーワードコズロフ(Pyotr Kuz'mich Kozlov)ピョートル コズロフもうせん(毛氈)ノイン・ウラスキタイ美術スキタイ文化梅原 末治カフタン

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android