コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノウム・オルガヌム Novum organum

1件 の用語解説(ノウム・オルガヌムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ノウム・オルガヌム【Novum organum】

F.ベーコンの著作。最初1620年に《大革新》の第2部として刊行され,著者死後の45年にオランダで再刊されたとき,この名が付けられた。ノウムはラテン語で〈新〉,オルガヌムは〈論理学〉〈道具〉〈方法〉の意であるから,《新論理学》ないし《新方法》と訳すのが適切であるが,日本では明治以来誤って《新機関》と訳してきている。原文はラテン語で,アフォリズムの形で〈自然を解明し,知性をいっそう確かに働かせる技術そのもの〉を記している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のノウム・オルガヌムの言及

【オルガノン】より

…このように形式化した学問の不毛をその方法論,すなわちオルガノンの責任と考えたのが,F.ベーコン,デカルトとその学派に属するポール・ロアイヤルの論理学者たち,コメニウス,ホッブズらルネサンスの思想家たちである。とくにF.ベーコンは《ノウム・オルガヌム》を著し帰納論理の必要性を説いた。しかし彼らとても,その基礎に置いていたものはアリストテレスの三段論法であり,そのような形式的論理がその形式性ゆえに,経験的な知識獲得の手段たりえないことは,カントに至ってはじめて認識されたのである。…

※「ノウム・オルガヌム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ノウム・オルガヌムの関連キーワード十三陵万暦帝プリマスドゥラード尚寧万暦帝慶長遣欧使節団三浦按針嘉手納基地那覇空港

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone