コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノギク(野菊) ノギク

1件 の用語解説(ノギク(野菊)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ノギク【ノギク(野菊)】

野や山に咲く栽培のコギクに似たキク科植物。頭花が舌状花と筒状花の集りからなり,舌状花が青紫色のものが一般にノギク呼ばれることが多い。耕地や山地路傍の人間くさい場所に生育するヨメナノコンギクを指し,かれんな花容がめでられる。また,山地に多い春に咲くミヤマヨメナや秋に咲く白花のリュウノウギクやシロヨメナ,黄色のアブラギクもノギクの概念に含まれることもあるが,一般には低地の人里の秋に咲く野生キク類である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノギク(野菊)の関連キーワードカミツレストケシアアルニカ磯菊矢車菊柚香菊アキレア潮菊電照菊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone