ノグチゲラ(野口啄木鳥)(読み)ノグチゲラ(英語表記)Pryer’s woodpecker

世界大百科事典 第2版の解説

ノグチゲラ【ノグチゲラ(野口啄木鳥) Pryer’s woodpecker】

キツツキ目キツツキ科の鳥(イラスト)。全長約31cm。全身赤みを帯びた暗褐色をしていて,下面は淡い。翼と尾は黒褐色で,翼には小さな白斑があり,成鳥の雄と雌の頭部は暗褐色だが,若鳥の雄では頭頂が赤い。くちばし灰白色。沖縄本島北部にのみ分布し,イタジイやオキナワウラジロガシなどの常緑広葉樹の原生林にすむ。枯木,倒木,朽ちた切株などにくちばしで穴を開け,甲虫類の成虫,幼虫,あるいはアリ類の成虫,さなぎなどを食べる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android