ノシメコクガ(読み)のしめこくが

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノシメコクガ
のしめこくが / 熨斗目穀蛾
Indian meal moth
[学]Plodia interpunctella

昆虫綱鱗翅(りんし)目メイガ科に属するガ。ノシメマダラメイガともいう。はねの開張10~18ミリで、はねは非常に細長く、前翅の基部に近い半分は淡い黄褐色、それより外は赤色の地に黒っぽい鱗粉を散布する。後翅は白色、半透明だが外縁部は赤褐色を帯びる。幼虫は淡黄白色のウジで、頭部は黄褐色。穀類のほか乾果、製菓など多くの乾燥食品を食べる害虫である。幼虫はクモの巣より細密に糸を吐き、その中で蛹化(ようか)する。本種が多発すると、共同でつくった巣の中で幼虫が活動するのがみられる。発生は不規則で、年3、4回の世代を営む。米や麦の倉庫のほか、人家の台所でもよくみいだされる。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のノシメコクガの言及

【ノシメマダラメイガ】より

…ほとんど全世界に分布しているが,これは食糧の輸送に伴ってこのガが運ばれるからである。マメマダラメイガ,ノシメコクガの別名がある。【井上 寛】。…

※「ノシメコクガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android