コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノジアオイ(野路葵) ノジアオイMelochia corchorifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノジアオイ(野路葵)
ノジアオイ
Melochia corchorifolia

アオギリ科の一年草。アジアの熱帯に広く分布し,日本では四国,九州の南部,南西諸島小笠原諸島の海岸に近い路傍などに生える。茎は直立し,高さ 60cm内外でよく分枝する。葉は互生し,卵形で縁に浅い鋸歯があり,またときどき3つに浅裂することもある。葉柄基部には針状の托葉がある。夏から秋にかけて,枝先に淡紅色の小花が集ってつく。萼は短い鐘状で5つに裂け,5枚の花弁倒卵形で長さ 7mm内外あり,5本あるおしべは癒合して単体おしべをつくっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノジアオイ【ノジアオイ(野路葵) Melochia corchorifolia L.】

世界の熱帯~亜熱帯に広く分布するアオギリ科の一年草で,日本でも四国以南の海辺に自生する。茎の高さは30~90cmになる。葉は単葉で互生し,葉身は長さ2~6cmの卵形で,裏面にあらい毛があり,縁に鋸歯をもつ。托葉は線形。白色~淡紅色の花は小型で,夏から秋にかけて枝先に頭状に集まって咲く。両性花。萼は鐘形で先が5裂し,花弁5枚,おしべ5本。果実は径約4mmの楕円形の蒴果(さくか)で,あらい毛がある。葉をもんで傷口やはれものを治すのに用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報