ノックス(読み)のっくす(英語表記)Philander Chase Knox

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノックス(Philander Chase Knox)
のっくす
Philander Chase Knox
(1853―1921)

アメリカの弁護士、政治家。会社弁護士として著名であったが、マッキンリー、T・ルーズベルト両政府の司法長官(1901~1904)となり、トラスト訴訟で活躍し、商務労働省創設にも尽力した。連邦上院議員(1904~1909)を経てタフト政府の国務長官(1909~1913)に任命され、国務省機構改革を行い、中国とラテンアメリカで「ドル外交」を推進した。とくにその満州鉄道中立化案は有名。上院議員に再選され(1917~1921)、ベルサイユ条約に反対した。[高橋 章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノックスの関連情報