ノッサセニョーラドロザリオ教会(読み)ノッサセニョーラドロザリオキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

ノッサセニョーラ‐ド‐ロザリオ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【ノッサセニョーラドロザリオ教会】

Igreja de Nossa Senhora do Rosário》ブラジル南東部、ミナスジェライス州の古都オーロプレトにある教会。町の高台に位置する。18世紀前半に建造。円筒を並べたような独特な外観をもつバロック様式の建物で、黒いマリア像や聖人像を祭る。1980年、「古都オーロプレト」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android