ノット・フェイド・アウェイ

デジタル大辞泉プラスの解説

ノット・フェイド・アウェイ

アメリカのロックンロール・バンド、バティ・ホリー&クリケッツの曲。1957年に発表。ジャングル・ビート(いわゆるボ・ディドリー・ビート)と呼ばれる独特のリズムで演奏されている。1964年にローリング・ストーンズがカバーし、全英第3位を獲得している。「ローリング・ストーン」誌が選ぶ最も偉大な500曲第108位。原題《Not Fade Away》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android