コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノドン(労働)1号 ノドンいちごう Nodong 1 missile

1件 の用語解説(ノドン(労働)1号の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノドン(労働)1号
ノドンいちごう
Nodong 1 missile

北朝鮮がスカッド Bミサイル技術をベースに 1989年頃から開発したミサイル。 91年頃にプロトタイプが完成,93年5月末に日本海に向けての発射実験に成功した。主要目 (推定) は,射程約 1000km,全長約 15.8m,直径約 1.2m,推進方式液体燃料,弾頭重量 500~1000kg,CEP (半数必中界) 700~2000m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノドン(労働)1号の関連キーワードスカッド北朝鮮のミサイル開発ノドン弾道ミサイルウッドベーステポドン2北朝鮮の弾道ミサイルノドン北朝鮮のミサイル発射凍結北朝鮮の弾道ミサイル北朝鮮の弾道ミサイルの射程スカッドとノドン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone