コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノネズミ(野鼠) ノネズミ

1件 の用語解説(ノネズミ(野鼠)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ノネズミ【ノネズミ(野鼠)】

原野,森林などにすむ野生のネズミ類の総称。家畜小屋,人家,ビルなどの人為環境にすみ,生活空間や食物などの生活資源を人間に依存するイエネズミ(クマネズミ,ドブネズミハツカネズミの3種)に対して,野外にすみ,生活資源を原則として自然界から得ているネズミ類を指す。カヤネズミ(イラスト),ハタネズミヒメネズミ(イラスト),アカネズミ(イラスト),ヤマネ(イラスト)など,種類数がきわめて多く,多様性に富むばかりでなく,1ha当りの生息密度がふつう数十匹と,個体数も多く,種子,葉,果実,樹皮などを食べる植物食者として,またヘビ,フクロウイタチキツネなどの動物食者の生活を維持する獲物として,生態系のなかで重要な地位を占める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone