コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノバ・スコシア[州] Nova Scotia

翻訳|Nova Scotia

世界大百科事典 第2版の解説

ノバ・スコシア[州]【Nova Scotia】

カナダ東部の州。面積5万5490km2,人口93万7800(1995)。州都ハリファックス。イギリス系75%,フランス系11%という人口構成は,境を接するニューブランズウィック州と大きな相違をみせている。大西洋に突き出た形のノバ・スコシアは,19世紀前半,イギリス―ノバ・スコシア―西インド諸島の三角貿易の一角を担い,繁栄を享受した。現在のカナダの10セント硬貨についている帆船はその際大活躍を演じた〈ブルーノーズ〉である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のノバ・スコシア[州]の言及

【アカディア】より

…現在のカナダのニューブランズウィック州,ノバ・スコシア州,アメリカ合衆国のメーン州にまたがる地域の古称。1605年,ノバ・スコシアの現アナポリス・ローヤルにフランスから派遣されたド・モンとシャンプランは植民地を形成,2年後に彼らの関心はケベックへ移ったが,以来ここはフランス系カナダ人の故郷となっており,現在もフランス語を話す人々が多く居住している。…

【ハウ】より

…イギリス領北アメリカの政治家。王党派(ローヤリスト)の息子としてノバ・スコシア植民地に生まれる。正規の教育をほとんど受けず,父親の印刷業を手伝いながら独学し,1828年から《ノバスコシア人》紙を刊行。…

※「ノバ・スコシア[州]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ノバ・スコシア[州]の関連キーワードノバ・スコシア

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノバ・スコシア[州]の関連情報