コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノビコフ・プリボイ Aleksei Silych Novikov‐Priboi

1件 の用語解説(ノビコフ・プリボイの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ノビコフ・プリボイ【Aleksei Silych Novikov‐Priboi】

1877‐1944
ソ連邦の作家。1899年から1906年まで水兵勤務。1904‐05年の日露戦争で対馬沖の海戦に参加,日本の捕虜となり,抑留中に創作をはじめる。帰国後05年革命に参加し,07年に国外に亡命,各国の商船で水夫として働き,13年に帰国した。革命後,作家生活に入り,《潜水夫たち》(1923),《海の女》(1928)など,海に働く人たちの生活を扱った中・短編を発表した。代表作となった《ツシマ》(1932‐40)で,彼は歴史文献の研究のうえに自己の体験を織りこみ,対馬沖でのロシア水兵の勇気,司令部の無能,水兵の間に高まる反戦気分などを描いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノビコフ・プリボイの関連キーワードアブダビイズベスチヤゴルバチョフソ連プラウダソ連邦マラヤ連邦ロシア連邦南ア連邦旧ユーゴ連邦の解体

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone