コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノビコフ・プリボイ Aleksei Silych Novikov‐Priboi

1件 の用語解説(ノビコフ・プリボイの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ノビコフ・プリボイ【Aleksei Silych Novikov‐Priboi】

1877‐1944
ソ連邦の作家。1899年から1906年まで水兵勤務。1904‐05年の日露戦争で対馬沖の海戦に参加,日本の捕虜となり,抑留中に創作をはじめる。帰国後05年革命に参加し,07年に国外に亡命,各国の商船で水夫として働き,13年に帰国した。革命後,作家生活に入り,《潜水夫たち》(1923),《海の女》(1928)など,海に働く人たちの生活を扱った中・短編を発表した。代表作となった《ツシマ》(1932‐40)で,彼は歴史文献の研究のうえに自己の体験を織りこみ,対馬沖でのロシア水兵の勇気,司令部の無能,水兵の間に高まる反戦気分などを描いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ノビコフ・プリボイの関連キーワードもの派沖縄戦カリブ文学直木賞菊池大麓杵屋六左衛門レヤード桐野利秋宮崎八郎オスロ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone