コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノビタキ(野鶲) ノビタキstonechat

翻訳|stonechat

世界大百科事典 第2版の解説

ノビタキ【ノビタキ(野鶲) stonechat】

スズメ目ヒタキ科の鳥(イラスト)。全長約13cm。夏羽は,頭部,背,,尾などが黒く,胸は栗色,くび側と腹は白い。翼には白斑があり,よく目だつ。は全体に褐色をしており,淡黄色の眉斑をもつ。雄の冬羽は雌に似るが,褐色みがより強い。ユーラシア大陸とアフリカ大部分に広く分布する。日本には夏鳥として4~5月に渡来し,本州中部以北で繁殖する。本州ではおもに山地草原に生息し,北海道では低地の草原にもすむ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android