コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノボタン(野牡丹) ノボタンMelastoma candidum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノボタン(野牡丹)
ノボタン
Melastoma candidum

ノボタン科の常緑低木。台湾,マレーシア,オーストラリアに産し,日本では南西諸島に自生するほか,観賞用に温室で栽培される。葉は対生し,卵形または楕円形で長さ 4.5~9cm,表面に粗毛が密生する。3本の葉脈が著しい。夏,枝先に直径 7cm内外の淡紫色の美花を単生する。花弁は5枚で互いにねじれて重なり,おしべ 10本,めしべ1本がある。果実は球形で褐色の硬い毛が密生する。種子は細かい。南方では果実を食用にする。同属の植物は東南アジアの熱帯地方に多数あるが,小笠原諸島にもムニンノボタン M. tetramerumが知られている。この種はノボタンに比べて花はずっと小さく,ときに4数性の個体もみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ノボタン(野牡丹)の関連キーワードノボタン科

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android