ノミノクチ(読み)のみのくち(英語表記)trout rock-cod

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノミノクチ
のみのくち / 蚤之口
trout rock-cod
[学]Epinephelus fario

硬骨魚綱スズキ目ハタ科に属する海水魚。南日本から中国、インドネシアなどに分布し、岩礁域にすむ。全長40センチメートルに達し、体はやや長く側扁(そくへん)する。体色は茶褐色で、朱赤色の多くの小円点を密に分布する。背側には、背びれの棘条(きょくじょう)後方部基底に1個、背びれ軟条部中央の基底に1個、および尾柄(びへい)上に1個の黒色斑点(はんてん)がある。胸びれ、尾びれ、および背びれ、臀(しり)びれ軟条部の辺縁は白い。おもに釣りによって漁獲され、刺身や煮つけにして美味である。[片山正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android