コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノミノツヅリ(蚤の綴り) ノミノツヅリ Arenaria serpyllifolia; sandwort

2件 の用語解説(ノミノツヅリ(蚤の綴り)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノミノツヅリ(蚤の綴り)
ノミノツヅリ
Arenaria serpyllifolia; sandwort

ナデシコ科の繊細な越年草。世界各地に広く分布する。路傍や田畑に普通にみられる雑草で,茎は細く下部より分枝しやや開出,高さ 10~25cmになる。葉は卵形または広楕円形で鋭頭,無柄で長さ3~6mm。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ノミノツヅリ【ノミノツヅリ(蚤の綴り) thyme‐leaved‐sandwort】

道端や畑の日当りのよい所に普通にみられるナデシコ科の一年~多年生の雑草(イラスト)。和名は,小さな丸い葉を蚤の着物にたとえたもの。茎は基部で枝分れしたあと立ち上がり,高さ15~25cmの株立ちとなる。葉は対生し,無柄で小さく,長さ約5mm,卵形で先はとがる。4~6月,大きく開いた集散花序に小さな花を多数つける。花は直径約5mm,花弁は5枚で白色,切れ込みはない。おしべ10本,花柱3本。果実は卵形で先は6裂し,小さな種子をこぼす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノミノツヅリ(蚤の綴り)の関連キーワードミミナグサ(耳菜草)ヤハズソウ(矢筈草)赤山蟻白花の蛇苺日当りアキノキリンソウオカトラノオカワラマツバススキ(芒∥薄)ハイゴケ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone