コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノミノツヅリ(蚤の綴り) ノミノツヅリArenaria serpyllifolia; sandwort

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノミノツヅリ(蚤の綴り)
ノミノツヅリ
Arenaria serpyllifolia; sandwort

ナデシコ科の繊細な越年草。世界各地に広く分布する。路傍田畑に普通にみられる雑草で,茎は細く下部より分枝しやや開出,高さ 10~25cmになる。葉は卵形または広楕円形で鋭頭,無柄で長さ3~6mm。5~6月頃,まばらな集散花序に多数の白色5弁の小花をつける。種子腎臓形で長さ 0.5mm。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノミノツヅリ【ノミノツヅリ(蚤の綴り) thyme‐leaved‐sandwort】

道端や畑の日当りのよい所に普通にみられるナデシコ科の一年~多年生の雑草(イラスト)。和名は,小さな丸い葉を蚤の着物にたとえたもの。茎は基部で枝分れしたあと立ち上がり,高さ15~25cmの株立ちとなる。葉は対生し,無柄で小さく,長さ約5mm,卵形で先はとがる。4~6月,大きく開いた集散花序に小さな花を多数つける。花は直径約5mm,花弁は5枚で白色,切れ込みはない。おしべ10本,花柱3本。果実は卵形で先は6裂し,小さな種子をこぼす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android