コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノミノフスマ(蚤の衾) ノミノフスマStellaria alsine var. undulata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノミノフスマ(蚤の衾)
ノミノフスマ
Stellaria alsine var. undulata

ナデシコ科の越年草。日本,朝鮮半島,中国など東アジアに広く分布する。荒れた畑や田のあぜなどに普通に生え,多数群生して地面に広がる。茎は細く,よく分枝し,高さ 15~20cm,緑色で毛はない。葉は対生し,長楕円形または卵状披針形で,長さ5~20mm,中は明らかであるが,葉質は軟らかい。春から夏の終りまで,枝先に次々とハコベに似た5弁の白色小花をつける。花弁先端は明瞭に2つに裂ける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノミノフスマ【ノミノフスマ(蚤の衾) Stellaria alsine Grimm var.undulata (Thunb.) Ohwi】

田畑や道端に生えるナデシコ科の雑草(イラスト)。和名は小さな葉を蚤の衾,つまり寝具にたとえたもの。茎は基部で分枝をくり返し,地面に丸く広がる。先は斜上して,長さ15~30cm。葉は対生し,柄はなく長さ1cm前後,楕円形で縁は小さく波を打つ。茎・葉ともに毛はない。4~6月,枝の先のまばらな集散花序に花をつける。花は径約5mmで,花弁は5枚,白色で深く2裂するため10枚の花弁をもつように見える。花期の終り近くに咲く花は小型で,花弁がないことも多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android