コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノリタケの多角経営

1件 の用語解説(ノリタケの多角経営の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ノリタケの多角経営

売上高に占める割合が最も大きいのは工業用砥石など研削・切削工具だ。2位はセラミック原材料、3位は焼成炉などの設備で、食器は全体の12%に過ぎない。工業用砥石は戦前に開発。セラミック原材料は70年代から伸ばしてきた。社名は81年に日本陶器から改称。日本ガイシやTOTOも実はルーツはノリタケだ。

(2009-09-06 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノリタケの多角経営の関連キーワード工業地帯市場占有率専業企業罹患率連単倍率コンバインドレシオ至適温度損益分岐点売上高・損益分岐点比率米国の原発ルミネ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone