ノルテ・チコ(読み)のるてちこ

世界大百科事典内のノルテ・チコの言及

【アタカマ砂漠】より

…アンデス山脈に発する河川も,ロア川以外はすべて途中で干上がって太平洋には達せず,植生がほとんどみられぬ不毛の地である。チリの北部地方は,ペルーとの国境からアタカマ砂漠までをノルテ・グランデ(大北部),コピアポから南をノルテ・チコ(小北部)と呼ばれるが,ノルテ・グランデの人口密度は1km2に3人にすぎない。しかしアタカマ砂漠は鉱産資源に富み,現在のチリ経済を支える銅をはじめ,チリ硝石,岩塩,硫黄,金,銀,石英,モリブデンなどを産する。…

※「ノルテ・チコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android