ノルトライン・ウェストファーレン(英語表記)Nordrhein‐Westfalen

世界大百科事典 第2版の解説

ノルトライン・ウェストファーレン【Nordrhein‐Westfalen】

ドイツ西部の州(ラント)。人口1782万人(1995)は最大,面積3万4069km2で,ベルリン,ハンブルクブレーメンの都市州を除けば人口密度も最大である。旧ドイツのイギリス占領地区のうち,旧プロイセン領のラインラント北部とウェストファーレンが合併して1946年に成立した。翌年リッペ・デトモルトが加入した。ルール地域が分割されずに温存されたため,成立時には〈新ドイツのプロイセン〉と呼ばれた。1950年に制定された州憲法を持ち,立法府は任期4年の州議会である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android