コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノルネン Nornen

デジタル大辞泉の解説

ノルネン(Nornen)

ゲルマンおよび北欧神話で、運命の女神。ウルド・ウェルダンディ・スクルドの三姉妹。単数形ノルネ。シェークスピアの「マクベス」にも魔女として登場する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ノルネン【Nornen】

ゲルマンおよび北欧神話の運命の女神たち。ウルド(過去)・ウェルダンディ(現在)・スクルド(未来)の三姉妹。単数形はノルネ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノルネン
のるねん
Nornir

北欧神話の運命の三女神。『エッダ』の「巫女(みこ)の預言」によると、イグドラシルの樹(き)の下の海(スノッリによると館(やかた))からやってくる3人の賢い娘たちウルズ、ベルザンディ、スクルドは、人の子らに運命や人生を定めてそれを告げるという。『エッダ』や『サガ』には、王侯や英雄の誕生の際にノルネンが現れてその運命を定める話が多く、いったん決められた運命からは人間はおろか神々も免れることができない。またよい運命と悪い運命をもたらす二通りの女神があるとされ、普通3人で現れるノルネンのうち三番目の女神が悪い運命(しばしば死)を告げるとされる。これはよい妖精(ようせい)や悪い妖精となって伝説や童話にも引き継がれているように思われる。[谷口幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ノルネンの関連キーワードゲルマン

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android