コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノース・スロープ North Slope

世界大百科事典 第2版の解説

ノース・スロープ【North Slope】

アメリカ合衆国アラスカ州北部の油田地帯。ブルックス山脈と北極海にはさまれて東西にのびるツンドラ地帯で,コールビル川が北流する。1968年に石油が発見されて以来,石油開発が進められてきた。プルドー・ベイを中心とし,原油埋蔵量は1.6兆lと推定されている。フェアバンクスからはハイウェーがプルドー・ベイまで通じる。パイプラインは,アラスカ湾岸のバルディズまで1300kmにわたってのびる。【矢ヶ崎 典隆】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ノース・スロープの関連キーワードスタンダード・オイル・オブ・オハイオアラスカ・パイプラインプルドー・ベイ油田プルドー・ベイ油田パキリノサウルスプルドーベイ油田極地

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android