ノース・スロープ(英語表記)North Slope

世界大百科事典 第2版の解説

ノース・スロープ【North Slope】

アメリカ合衆国アラスカ州北部の油田地帯。ブルックス山脈と北極海にはさまれて東西にのびるツンドラ地帯で,コールビル川が北流する。1968年に石油が発見されて以来,石油開発が進められてきた。プルドー・ベイを中心とし,原油埋蔵量は1.6兆lと推定されている。フェアバンクスからはハイウェーがプルドー・ベイまで通じる。パイプラインは,アラスカ湾岸のバルディズまで1300kmにわたってのびる。【矢ヶ崎 典隆】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android