コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノース・フィールド・ガス田 ノースフィールドガスでんNorth Field

世界大百科事典 第2版の解説

ノースフィールドガスでん【ノース・フィールド・ガス田 North Field】

中東カタル半島北端の北東80km沖合のカタル領アラビア湾で1971年に発見された世界最大のガス田。究極可採埋蔵量は世界最大といわれるウレンゴイ・ガス田と同じ約10兆m3と推定される。面積約6000km2の広大なドーム構造で,ガス田北部のイラン領への張出し部分は南パースSouth Parsガス田と称されている。ガス層は二畳紀後期の炭酸塩岩のクフKhuff層で,深度は2500m前後である。中東地域は西シベリア地域とともに世界最大級の天然ガス埋蔵地域で,とくにクフ層は中東地域における有望な地層として近年探鉱され,サウジアラビアやアブ・ダビーでは多くの油ガス田が発見されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ノース・フィールド・ガス田の関連キーワードウレンゴイ・ガス田

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android