コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノース・フィールド・ガス田 ノースフィールドガスでん North Field

1件 の用語解説(ノース・フィールド・ガス田の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ノースフィールドガスでん【ノース・フィールド・ガス田 North Field】

中東カタル半島北端の北東80km沖合のカタル領アラビア湾で1971年に発見された世界最大のガス田。究極可採埋蔵量は世界最大といわれるウレンゴイ・ガス田と同じ約10兆m3と推定される。面積約6000km2の広大なドーム構造で,ガス田北部のイラン領への張出し部分は南パースSouth Parsガス田と称されている。ガス層は二畳紀後期の炭酸塩岩のクフKhuff層で,深度は2500m前後である。中東地域は西シベリア地域とともに世界最大級の天然ガス埋蔵地域で,とくにクフ層は中東地域における有望な地層として近年探鉱され,サウジアラビアアブ・ダビーでは多くの油ガス田が発見されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノース・フィールド・ガス田の関連キーワード男鹿国定公園唐桑半島企救半島ドーハ姫島珠洲千島海峡東かがわコーンワル半島ヘル半島

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone