コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーブイ・ミール ノーブイ・ミール

2件 の用語解説(ノーブイ・ミールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノーブイ・ミール
ノーブイ・ミール

新世界」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノーブイ・ミール
のーぶいみーる
Новый Мир Novy Mir

「新世界」の意。ロシアの代表的な月刊文芸誌でソ連時代の1947年からソ連作家同盟の機関誌であったが、91年に独立した。ルナチャルスキーが初代編集長(1925~26)になり、モスクワで創刊。バーベリパステルナークレオーノフショーロホフらの名作を掲載し、とくに56年のスターリン批判以後、文壇進歩派の拠点とみられ、世界的に注目されていた。ソルジェニツィンエレンブルグネクラーソフカターエフエフトゥシェンコモジャーエフトリーフォノフアブラーモフらの問題作を次々に発表して話題をよんだ。詩人トワルドフスキーシーモノフ(1946~50、1954~58)に次いで編集長に就任、名編集長として辣腕(らつわん)を振るい、党機関や文壇保守派から編集内容を再三非難され、70年初頭に解任された。86年作家ザルイギンが新編集長に就任。ペレストロイカ時代にパステルナークの『ドクトル・ジバゴ』、ソルジェニツィンの『収容所群島』など発禁作を掲載して人気を集め、90年には発行部数が250万を超えたが、その後は紙不足などの理由で激減した。[中本信幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone