コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーロード投信 のーろーどとうしん No-load fund

1件 の用語解説(ノーロード投信の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ノーロード投信

販売手数料が無料の投資信託。ただし、運用や管理の対価としての信託報酬は支払う必要がある。インターネットを用いたり運用会社直接販売したりすることでコストを抑え、販売手数料を無料とする例が多い。米国では約6割の投資信託がノーロードとなっている。これは確定拠出型年金などで運用する際に、手数料コストを抑えて運用成果を上げることが重視されているためと考えられる。日本でも着実に残高を増やしており、今後確定拠出型年金残高が増加すれば米国と同じく残高が大きく増加すると予想されている。

(熊井泰明 証券アナリスト / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノーロード投信の関連キーワードノーロード型ファンド直接販売解約手数料償還乗換優遇スイッチング販売手数料投資信託説明書ノーロード売買委託手数料申込手数料

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノーロード投信の関連情報