コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイイロギツネ(灰色狐) ハイイロギツネgray fox

世界大百科事典 第2版の解説

ハイイロギツネ【ハイイロギツネ(灰色狐) gray fox】

体型はキツネに似るが,耳が小さく吻(ふん)が短い食肉目イヌ科の哺乳類。北アメリカ中部から中央アメリカ,南アメリカ北部に分布。体長48~69cm,尾長27~45cm,体重3~6kg。頭骨の形状はキツネ属Vulpesとは明りょうに異なり,むしろタヌキに似る。体背面は青灰ないし灰黒色,腹面は白色で,首から体側,尾の下面にかけては濃赤褐色。背すじから尾の正中線尾先は黒い。森林,低木林,沼地にふつうつがいですみ,おもに夜行性で,日中は茂みや岩の間,樹洞などに潜む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android