コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイイロギツネ(灰色狐) ハイイロギツネgray fox

世界大百科事典 第2版の解説

ハイイロギツネ【ハイイロギツネ(灰色狐) gray fox】

体型はキツネに似るが,耳が小さく吻(ふん)が短い食肉目イヌ科の哺乳類北アメリカ中部から中央アメリカ南アメリカ北部に分布。体長48~69cm,尾長27~45cm,体重3~6kg。頭骨の形状はキツネ属Vulpesとは明りょうに異なり,むしろタヌキに似る。体背面は青灰ないし灰黒色,腹面は白色で,首から体側,尾の下面にかけては濃赤褐色。背すじから尾の正中線,尾先は黒い。森林,低木林,沼地にふつうつがいですみ,おもに夜行性で,日中は茂みや岩の間,樹洞などに潜む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone