コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイキュウチュウ(肺吸虫) ハイキュウチュウlung fluke

世界大百科事典 第2版の解説

ハイキュウチュウ【ハイキュウチュウ(肺吸虫) lung fluke】

扁形動物吸虫綱肺吸虫科Paragonimidaeに属する寄生虫の総称。肺臓ジストマともいう。世界中で約30種が記載されているが,このうちヒトに寄生して肺吸虫症の原因となるのは6種である。日本では従来ウェステルマンハイキュウチュウParagonimus westermaniiのみがヒトに寄生するとされていたが,1974年以降イタチ,テンなど野生動物の寄生虫と考えられていたミヤザキ(宮崎)ハイキュウチュウP.miyazakiiの人体感染例も知られるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ハイキュウチュウ(肺吸虫)の関連キーワードモクズガニ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android