コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイコスト・エコノミー ハイコストエコノミーhigh-cost economy

1件 の用語解説(ハイコスト・エコノミーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイコスト・エコノミー
ハイコストエコノミー
high-cost economy

きわめてコストが高い割に競争力の乏しい産業構造インドは 1951年から数次の5ヵ年計画を実施し,資本主義社会主義との混合経済体制下での発展を目指した。消費財部門より投資財部門に重点をおいて資源を配分し (マハラノビス・モデル) ,国内産業を育成するためのさまざまな規制・保護措置を実施した (輸入代替政策) 。しかし,こうした規制漬けの体制が,公共部門民間部門にわたってハイコスト・エコノミーを生み出した。政府は 66年以降,危機が顕在化するたびに部分的な自由化政策を打出してきたが,特に 91年以降のラオ政権では自由化政策を推進することにより,多額の外資誘致に成功している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone