ハイコスト・エコノミー(読み)ハイコストエコノミー(英語表記)high-cost economy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイコスト・エコノミー
ハイコストエコノミー
high-cost economy

きわめてコストが高い割に競争力の乏しい産業構造。インドは 1951年から数次の5ヵ年計画を実施し,資本主義と社会主義との混合経済体制下での発展を目指した。消費財部門より投資財部門に重点をおいて資源を配分し (マハラノビス・モデル) ,国内産業を育成するためのさまざまな規制・保護措置を実施した (輸入代替政策) 。しかし,こうした規制漬けの体制が,公共部門・民間部門にわたってハイコスト・エコノミーを生み出した。政府は 66年以降,危機が顕在化するたびに部分的な自由化政策を打出してきたが,特に 91年以降のラオ政権では自由化政策を推進することにより,多額の外資誘致に成功している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android