コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイスピードインテークバルブ high speed intake valves 

1件 の用語解説(ハイスピードインテークバルブの意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

ハイスピードインテークバルブ

通常のエアーインテークの上側に設けられたバルブ式のインテークノーマルな飛行状態では閉まっている。普通、高速時やピッチングにより迎角が小さくなると「よどみ点」が通常のエアーインテークより上側にずれ、ラム圧が低くなりキャノピーが潰れ易くなるが、その際、このHITのバルブが開きエアーを取り入れる事によりラム圧の低下を少なくする機構のこと。APCO社が取り入れている。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイスピードインテークバルブの関連キーワードマイラークローズドセルスーパーEインテークエアインテークサイドエアバッグエアーインテーククローズドエアーインテークキャットウォークスカッシュテール/スクエアーテール

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone