コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイスピードインテークバルブ high speed intake valves 

1件 の用語解説(ハイスピードインテークバルブの意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

ハイスピードインテークバルブ

通常のエアーインテークの上側に設けられたバルブ式のインテークノーマルな飛行状態では閉まっている。普通、高速時やピッチングにより迎角が小さくなると「よどみ点」が通常のエアーインテークより上側にずれ、ラム圧が低くなりキャノピーが潰れ易くなるが、その際、このHITのバルブが開きエアーを取り入れる事によりラム圧の低下を少なくする機構のこと。APCO社が取り入れている。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイスピードインテークバルブの関連キーワードマイラークローズドセルスーパーEインテークエアインテークサイドエアバッグエアーインテーククローズドエアーインテークキャットウォークスカッシュテール/スクエアーテール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone