コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイチとハイチ地震

1件 の用語解説(ハイチとハイチ地震の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ハイチとハイチ地震

1804年に独立したラテンアメリカ初の国家、世界初の黒人の共和制国家として知られる。一方、ハリケーンなど相次ぐ自然災害や政治の混乱に遭い、「西半球の最貧国」といわれる。人口約960万人。首都ポルトープランスには約200万人が暮らす。地震は1月12日(日本時間13日)に発生。地震の規模を示すマグニチュードは7。耐震性のない建物の多くが全半壊した結果、20万人を超えるとされる死者を含め、国民の3割にあたる約300万人が被災したとされる。

(2010-03-11 朝日新聞 朝刊 山梨全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイチとハイチ地震の関連キーワードアングロアメリカ中南米ラテンアメリカALADIECLAECLACSELA汎アメリカ主義ラテンアメリカカリブ経済委員会ラテンアメリカ経済委員会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone