ハイデラバード(読み)はいでらばーど(英語表記)Hyderabad

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハイデラバード(パキスタン)
はいでらばーど
Hyderabad

パキスタン南部、インダス川東岸に面する都市。1950年にカラチにかわりシンド州の州都となる。人口115万1274(1998)。乾燥地帯に位置するが、周辺はインダス川から延びる大用水路網によって灌漑(かんがい)されるため、米、綿花の産が多い。それらを集散するとともに、紡績、セメント、金属などの近代工業が立地する。また宝石加工や刺しゅうなどの伝統工業でも知られる。インドのラージャスターン地方に至る陸上交通路とインダス川を経由する水上交通との接点として栄え、1843年のイギリスによる征服まで存続した旧シンド王国の首都でもあった。市街は、当時の城砦(じょうさい)を取り囲む旧市街と、その西に広がる新市街とに分かれる。[応地利明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ハイデラバード(パキスタン)【ハイデラバード】

パキスタン南東部,インダス川河口から約200km上流に位置する都市。ハイダラーバードとも。鉄道の要地。付近に灌漑(かんがい)用のグラーム・ムハンマド・ダムがある。絹織物,金銀刺繍(ししゅう),陶器,刃物など手工芸品を特産。1768年創設,1843年英領となるまでシンド王国の都であった。宮殿,モスク,大学(1947年創立)がある。164万9000人(2012)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハイデラバードの関連情報