ハイドロキノン

精選版 日本国語大辞典の解説

ハイドロ‐キノン

〘名〙 (hydroquinone) アニリンからキノンを経て合成される、無色柱状あるいは針状結晶。昇華性で水溶液は弱い甘味がある。還元力が強く、写真現像薬、重合防止剤などに用いられる。ヒドロキノン。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のハイドロキノンの言及

【ヒドロキノン】より

ハイドロキノンともいう。p‐ジヒドロキシベンゼンにあたる。…

※「ハイドロキノン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android