コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイネ・ゲルデルン Robert Freiherr von Heine‐Geldern

1件 の用語解説(ハイネ・ゲルデルンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハイネ・ゲルデルン【Robert Freiherr von Heine‐Geldern】

1885‐1968
オーストリアの民族学者,考古学者,美術史家。ウィーン大学教授。東南アジアを中心として,オセアニアインド,新旧両大陸間の文化関連などについて,重要な研究を行った。実地調査ではなく,文献や博物館標本を用いて研究を行い,東南アジアの民族学,先史学,先ヒンドゥー時代の美術史において,それぞれ古典的な体系をうち立てた。しかし今日では,その東南アジア先史学の体系は批判にさらされている。ともにウィーンの民族学者で文化史的立場に立ちながらも,W.シュミット文化圏説とは一線を画していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のハイネ・ゲルデルンの言及

【プロト・マレー人】より

…アウストロネシア語族に属するマレー語を話すマレー人は文化的に開化マレー人と原マレー人に分類される。ハイネ・ゲルデルンRobert Heine‐Geldernは生業その他の文化的観点から,原マレー人をさらに原始マレー人Primitivmalaienと古マレー人Altmalaienに分類した。比較的最近まで狩猟,採集を主たる生業としていた原始マレー人には,マレー半島のジャクン族,オラン・ダラット族,スマトラ島東岸のクブ族などのほか,オラン・ラウト族(〈海の人〉の意)と一括されるインドネシアの舟を住居とし漁労に従事する諸民族が含まれる。…

※「ハイネ・ゲルデルン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハイネ・ゲルデルンの関連キーワードオーストリア学派バウアーハン汎スラブ主義オーストリア併合オーストリアハンガリー帝国オーストラリア亜区オーストリーオーストリアのメーデーオーストリアン・スムース・ブラッケ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone