コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイブリット・マーケティング Hi-brid marketing

DBM用語辞典の解説

ハイブリット・マーケティング【Hi-brid marketing】

営業担当者だけ、販売店だけ、テレマーケティングだけというような単一のチャネルではなく、これらを複数組み合わせた販売方式を実施する会社が多くなってきている。この複数のチャネルを組み合わせて行うマーケティングをハイブリッド・マーケティングという。図のように直売(セールス)、ダイレクト・レスポンス広告(ダイレクト・レスポンス・アドバタイジング)、テレマーケティング、ダイレクトメール、通常販売店(小売店など)、特約店、ディーラーなどチャネルを縦軸に、マーケティング業務、手がかり、アプローチ、受注、アフターサービスを横軸に記述したシートを用いてどのチャネルでどのマーケティング業務を、どの顧客に行えば全体のマーケティング活動が有効であるかを設計し、販売組織を形成する。複合的・多角的なマーケティング。ハイブリット・マーケティングが研究されるようになったのは、営業担当者の人件費の高騰や製品の価格下落などから、営業担当者が戸別訪問して営業活動することは効率が悪くなり、違った営業組織が必要になってきているという時代背景がある。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android