コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイポミグマタイト化作用 ハイポミグマタイトかさようhypomigmatization

岩石学辞典の解説

ハイポミグマタイト化作用

シマ(sima)がサルシマ(salsima)質マグマに変化すること[Bemmelen : 1950].シマは,地球を構成する累層のうち塩基性の外皮[Suess : 1888].サルシマはシアル(sial)とマントルの間の地殻の部分[Bemmelen : 1950].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ハイポミグマタイト化作用の関連キーワードサンティシマ教会シアルウルトラシマサルシマシフェマシマ地殻コンセプシオンサマラキスシマ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android