コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハインリヒ[獅子公] ハインリヒ

2件 の用語解説(ハインリヒ[獅子公]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ハインリヒ[獅子公]【ハインリヒ】

ザクセン公,バイエルン公。英国王リチャード1世(獅子心王)の義兄。東方植民,都市(特にリューベック)建設,北海貿易の振興に貢献。1156年バイエルン公国を取得して帝国随一の実力者となった。
→関連項目ハインリヒ[6世]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハインリヒ[獅子公]【Heinrich der Löwe】

1129?‐95
ウェルフェン家ザクセン,バイエルン大公。神聖ローマ皇帝ロータル3世は義父。イングランドヘンリー2世の王女マティルデを妃とする。シュタウフェン家の国王フリードリヒ1世との政治的和解により,東北ドイツでほとんどフリーハンドの領邦形成・拡張政策を展開,バルト海沿岸地方にまで支配を広げるとともに,同地方の教会支配権をもにぎる。内では都市建設を推し進め,ブラウンシュワイクを事実上の首都として,国王級の宮殿を造営する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のハインリヒ[獅子公]の言及

【ザクセン】より

…ザクセンも東からのスラブ人の圧力,北からのノルマン人(北ゲルマン人)の侵入に対し自力で対抗せざるをえなかったが,その際,指導者としての頭角を徐々にあらわし,ついに部族全体に対する大公dux(ドイツ語ではヘルツォークHerzog)の地位を築くのに成功したのがオストファーレンに勢力をはるリウドルフィング(リウドルフ)家Liudolfingerであった。しかも同家のハインリヒ1世は,919年,コンラート1世の後をうけ,フランク族以外の出身者としてはじめてドイツ王位につく。これ以来,同家は1世紀余にわたりドイツ王国を支配したばかりでなく,オットー1世が皇帝位をえてからは(962),西方キリスト教世界全体を防衛,統治する任務をも負うことになった(ザクセン朝)。…

【ブラウンシュワイク】より

…この宿営地型非農業集落(ウィク)と,ほぼ1000年前後にオカー川の中州につくられたブルクとを二つの核として,12世紀に急速な都市的発展がなしとげられる。すなわち,ザクセン大公ハインリヒ獅子公がここに,王城をしのぐ宮殿と大聖堂とを造営した。13世紀に入ると,商人・手工業者市区の住民たちは,共同体的結集を強めて都市君主から自治権を獲得し,14世紀にはハンザ同盟に加わったほか,ザクセン都市同盟の中心として活躍した。…

【リューベック】より

…ケルンなどローマ時代以来の歴史を有する西方都市とは異なり,中世における東部植民の進展に応じて建設された比較的歴史の浅い都市である。12世紀中ごろに領内の経済発展を願うザクセン公ハインリヒ獅子公が,西方から企業心に富む人々を招いてバルト貿易の拠点とするために建設させた。当初から市民団の独立性が強く,ケルンの都市法に淵源をもつ独自の都市法が許された。…

※「ハインリヒ[獅子公]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone