ハインリヒ マン(英語表記)Heinrich Mann

20世紀西洋人名事典の解説

ハインリヒ マン
Heinrich Mann


1871.3.27 - 1950.3.12
ドイツの小説家
元・ドイツ芸術アカデミー総裁。
リューベック生まれ。
ミュンヘンベルリン大学に学び、次第に社会批判の鋭い小説、デモクラシーを訴える評論で活躍するようになる。「小都市」(1909年)で初めて民衆を描き、三部作臣下」(’14年)、「貧民」(’17年)、「指導者」(’25年)では権力に弱いドイツ人を戯画化する。第一次大戦中「ゾラ論」でドイツ侵略を弁護した弟トーマス・マンなどに反対。’33年ナチスに追われフランスに亡命。亡命ドイツ作家擁護連盟総裁として抵抗運動で活躍。’40年渡米し、回想録一時代の点検」(’45年)などを書く。’50年ドイツ民主共和国で創立された芸術アカデミー会長に選出。帰国直前に死去する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ハインリヒ マン

生年月日:1871年3月27日
ドイツの小説家,評論家
1950年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android